So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

平成二十五年当麻(芹沢鎮座)三島神社例祭 [兼務神社のお祭]

本日は兼務神社であります南区当麻鎮座の三島神社にて例祭が執り行われました。
亀ヶ池八幡宮宮司を斎主に、無量光寺(むりょうこうじ)住職、総代、関係者など大勢の方々が参列し、厳粛に斎行されました。
P1120609.JPG P1120619.JPG 
社記によれば、この三島神社は鎌倉時代に時宗(じしゅう)を開いた一遍上人(いっぺんじょうにん)によって三嶋大権現を祀る折に建てられ、現在でも神職が神事を執り行なった後に続いて、無量光寺の住職により読経が行われています。これは、神前読経(しんぜんどきょう)と言い、神仏混交時代の祭典の伝統が受け継がれています。
P1120635.JPG 
こちらは大正4年に奉納された歴史ある立派な幟旗です
 
P1120625.JPG 
また三島神社の例祭は別名ナマス祭とも呼ばれています。 
大根を薄く削り酢と砂糖で味付けをした料理をナマスと呼び、直会の参加者に振舞われることがナマス祭の由来です。
こうした料理を食べる箸は、祭礼当日に神社敷地内の細い篠竹を伐り出して作ります。戦前は料理等の諸準備は全て男性によって担われていましたが、今では女性も加わって行われています。

トラックバック(0) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

言の葉日記

年間を通してのお祭り事やお宮での日々の一コマなどを掲載していきます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。