So-net無料ブログ作成
神仏の縁日 ブログトップ
前の10件 | -

企業の初午祭 [神仏の縁日]

昨日は初午(はつうま)の日であり、亀ヶ池八幡宮境内に鎮座します亀八招福稲荷神社にて初午祭が執り行われ、当ブログにてもご紹介致しました。

そして本日は、地元の企業様にて初午祭が斎行されましたので、そのご紹介を致します。

 

亀ヶ池八幡宮では神職が出向し、地元の会社様や稲荷講中、店舗や各個人の御家庭に祀られる稲荷社の大前にて、初午祭をご奉仕申し上げます。

お稲荷様には日頃の感謝を奉告し、家内安全、商売繁昌をご祈願いたしました。

お稲荷様のご加護のもと益々ご繁栄なさいますようお祈り申し上げます。本日は誠におめでとうございます。


トラックバック(0) 

亀八招福稲荷神社 初午祭斎行 [神仏の縁日]

 

本日は初午(はつうま)の日です。初午とは、二月最初の「うま」の日の事を言い、全国のお稲荷様では初午祭が執り行われます。

お稲荷様の総本宮である京都の伏見稲荷大社に神様がお鎮まりになったのが二月の初午の日であり、それゆえ2月の初めの午の日をお稲荷様の縁日としています。

当八幡宮境内に鎮座致します「亀八招福稲荷神社」でも、本日初午祭を斎行致しました。 
また、 昨年より取り組んで参りました亀八招福稲荷神社の新玉垣が、この度無事に竣功を迎えましたので、本日は御奉賛下さいました氏子崇敬者様の参列のもと、竣功奉告祭も併せて執り行いました。
 
 
 
 
1-P1430162-001.JPG

冬晴れのすっきりとした空のもと、祭典は滞りなく執り納め致しました。
氏子崇敬者皆様の赤誠を頂き、お陰さまでこの度無事に竣功の日を迎える事が出来ました。 誠に有難う御座います。
お稲荷様のご加護のもと皆々様が益々ご繁栄なさいますようお祈り申し上げます。
本日は寒い中の参列、誠にお疲れ様で御座います。

トラックバック(0) 

おとりさま [神仏の縁日]


本日11日は、11月最初の酉の日です。11月の酉の日というのは「大鷲神社」の縁日であり、大酉祭や縁日の御祈祷などで賑わいます。

2-P1350912.JPG
 

緑区橋本に鎮座しております、神明大神宮の境内にございます大鷲神社では例祭が行なわれました。神明大神宮は亀ヶ池八幡宮の兼務神社でございますので、亀ヶ池八幡宮禰宜を斎主とし、総代以下世話人参列のもと、厳粛に斎行されました。

4-P1350923.JPG
 

御祭神は天日鷲命(アメノヒワシノミコト)という神様で、大阪に鎮座する大鳥神社(大鳥大社)から神様をお迎えし、祭祀を始めたといわれております。日本書紀によると天照大御神が天岩戸に引き篭もりになったときに、神様に捧げる布を奉製した神様であり、古くから「おとりさま」と称されて崇敬されており、殖産興業・商売繁盛の御神徳がございます。

1-P1350910.JPG
 

おとりさまの縁日では熊手や箕などが売られる屋台が沢山出る事でも有名です。 

3-P1350916.JPG

なぜ、おとりさまの縁日で熊手や箕の屋台が出るのかといいますと、古くは浅草の浅草寺の境内にて、年末買い替えの農耕具を売り出したことから、といわれております。
農作業に必要な道具だったのですが、境内でお頒ちすることから縁起を担いで、今のような縁起物の熊手を出すようになりそれが現代まで続いているのです。

お近くにお住まいの方は出かけてみては如何でしょうか?


トラックバック(0) 

初午祭 [神仏の縁日]

 

本日は初午(はつうま)の日です。初午とは、二月最初の「うま」の日の事を言い、全国のお稲荷様では初午祭が執り行われます。

5-P1350363.JPG
 
6-P1350366.JPG
 
 

お稲荷様の総本宮である京都の伏見稲荷大社に神様がお鎮まりになったのが二月の初午の日であり、それゆえ2月の初めの午の日をお稲荷様の縁日としています。


1-P1350303.JPG
 

4-P1350354.JPG
 
本日は当八幡宮境内に鎮座致します「亀八招福稲荷神社」にて初午祭を斎行致しました。 
再修造なった朱色に輝くお社の前で、平成28年の初午祭は無事執り行われました。 
 
 
1-P1300563.JPG
 
 

また亀ヶ池八幡宮では神職が出向し、地元の会社様や稲荷講中、店舗や各個人の御家庭に祀られる稲荷社の大前にて、昨日今日と初午祭をご奉仕申し上げました。

お稲荷様のご加護のもと益々ご繁栄なさいますようお祈り申し上げます。本日は誠におめでとうございます。
 
 
7-P1350381.JPG
 
 
亀ヶ池八幡宮では、亀八招福稲荷神社の御札を社頭にて頒布しております。
ご入り用の際は社務所受付にてお求めくださいませ。
  

トラックバック(0) 

おとりさまの酉の市 [神仏の縁日]

 
秋晴れの陽光が暖かく、お外にいるととても過ごしやすい一日となりましたね。 

さて本日は、11月最初の酉の日です。11月の酉の日というのは「大鷲神社」の縁日であり、大酉祭や縁日の御祈祷などで賑わいます。

P1270739.JPG

緑区橋本に鎮座しております、神明大神宮の境内にございます大鷲神社では例祭が行なわれました。
神明大神宮は亀ヶ池八幡宮の兼務神社でございますので、同八幡宮禰宜を斎主とし、総代以下世話人参列のもと、厳粛に斎行されました。

P1270752.JPG
 
P1270741.JPG
 

御祭神は天日鷲命(アメノヒワシノミコト)という神様で、大阪に鎮座する大鳥神社(大鳥大社)から神様をお迎えし、祭祀を始めたといわれております。日本書紀によると天照大御神が天岩戸に引き篭もりになったときに、神様に捧げる布を奉製した神様であり、古くから「おとりさま」と称されて崇敬されており、殖産興業・商売繁盛の御神徳がございます。

P1270748.JPG
 

おとりさまの縁日では熊手や箕などが売られる屋台が沢山出る事でも有名です。

 
P1270754.JPG
 
 

なぜ、おとりさまの縁日で熊手や箕の屋台が出るのかといいますと、古くは浅草の浅草寺の境内にて、年末買い替えの農耕具を売り出したことから由来しているといわれております。
当時は農作業に必要な道具だったのですが、境内で販売することから縁起を担いで、今のような縁起物の熊手を売り出すようになりそれが現代まで続いているのです。

お近くにお住まいの方はお出かけしてみては如何でしょうか?


トラックバック(0) 

おとりさま [神仏の縁日]

本日は、11月最初の酉の日です。11月の酉の日というのは「大鷲神社」の縁日であり、大酉祭や縁日の御祈祷などで賑わいます。

2-P1220328.JPG

緑区橋本に鎮座しております、神明大神宮の境内にございます大鷲神社では例祭が行なわれました。神明大神宮は亀ヶ池八幡宮の兼務神社でございますので、同八幡宮禰宜を斎主とし、総代以下世話人参列のもと、厳粛に斎行されました。

4-P1220332.JPG

1-P1220321.JPG

御祭神は天日鷲命(アメノヒワシノミコト)という神様で、大阪に鎮座する大鳥神社(大鳥大社)から神様をお迎えし、祭祀を始めたといわれております。日本書紀によると天照大御神が天岩戸に引き篭もりになったときに、神様に捧げる布を奉製した神様であり、古くから「おとりさま」と称されて崇敬されており、殖産興業・商売繁盛の御神徳がございます。

1-P1220319.JPG

おとりさまの縁日では熊手や箕などが売られる屋台が沢山出る事でも有名です。

3-P1220330.JPG

なぜ、おとりさまの縁日で熊手や箕の屋台が出るのかといいますと、古くは浅草の浅草寺の境内にて、年末買い替えの農耕具を売り出したことから、といわれております。
農作業に必要な道具だったのですが、境内で販売することから縁起を担いで、今のような縁起物の熊手を売り出すようになりそれが現代まで続いているのです。

お近くにお住まいの方は出かけてみては如何でしょうか?


トラックバック(0) 

初午祭 [神仏の縁日]

P1070442.JPG P1070439.JPG

本日は初午(はつうま)の日です。初午とは、二月最初の「うま」の日の事を言い、全国のお稲荷様では初午祭が執り行われます。

P1070444.JPG

お稲荷様の総本宮である京都の伏見稲荷大社に神様がお鎮まりになったのが二月の初午の日であり、それゆえ2月の初めの午の日をお稲荷様の縁日としています。

DSC03704.JPG DSC03689.JPG

亀ヶ池八幡宮では神職が出向し、地元の会社様や稲荷講中、店舗や各個人の御家庭に祀られる稲荷社の大前にて、初午祭をご奉仕申し上げました。

P1070113.JPG P1070108.JPG

お稲荷様には日頃の感謝を奉告し、家内安全、商売繁昌をご祈願いたしました。お稲荷様のご加護のもと益々ご繁栄なさいますようお祈り申し上げます。本日は誠におめでとうございます。


トラックバック(0) 

初不動 [神仏の縁日]

本日早朝、境内はうっすらとした銀世界に包まれました。
今月二度目の降雪です。

P1070161.JPG
P1070169.JPGP1070157.JPG
P1070160.JPGP1070166.JPGP1070171.JPG
雪化粧を施された本殿を始め境内各所


前回のようには積もりはしませんでしたが、それでも境内各所はうっすらと白くなりました。牡丹雪ではなく、パウダースノーのような雪でしたので風が吹くと舞い散っておりました。
午後には溶けてしまいましたが、美しい銀世界が広がりました。

さて、本日一月二十八日は、お不動さんとして親しまれている仏様「不動明王」の縁日です。

IMG_0023.JPG
磯部八幡宮の不動明王


亀ヶ池八幡宮で兼務をしている「下溝八幡宮」「磯部八幡宮」の境内には、このお不動さんを祀るお堂が建てられています。
春になりますと、亀ヶ池八幡宮より宮司が出向き、お不動さんに祝詞が奏上されます。
神主が仏様に祝詞を上げる(その逆も然り)というのは、古くからある日本の信仰スタイルであります。

この日はお不動さんをお祀りするお寺では大々的に法要が営まれている事でしょう。

上溝本町の本町自治会館がある敷地には、成田山新勝寺(千葉県成田市鎮座)よりお迎えされたお不動さんを祀るお堂がございますので、興味がある方は参拝されては如何でしょうか


トラックバック(0) 

初天神 [神仏の縁日]

 P1020716.JPG


本日1月25日は天神様の縁日の日です。一年の最初の天神様の縁日という事で「初天神」と呼ばれております。
落語の演目にもあるので、落語好きの方はご存じなのではないでしょうか。
落語の初天神でも、飴屋さんが出たりお団子屋さんが出たり、凧屋さんが出たりと賑やかな描写がされてますが、日本各地の天満宮を始め天神様をお祭する神社では露店などが軒を連ねている事でしょう。

天神様は菅原道真の事で、古くは京の都を恐怖に陥れた怨霊として畏れられてりましたが、時の天皇より立派なお宮を建立され尚かつ「天満大自在天(てんまんだいじざいてん)」という神名を贈られ、その怨念を鎮め時代の変遷とともに、生前の功績が御神徳とされ、勉学・学問を始め書・和歌の神様また正直の神様として崇敬されるようになりました。
勉学の神様という事ですので、学生さん(特に受験生)の参拝がこの時期の風物詩です。

相模原市南区当麻には市内唯一の天神様を祀る「当麻天満宮」が鎮座してございます。
やはりこの時期は志望校合格を祈る受験生やその親御さんの参拝が多いと聞きます。

さて、話はかわりますが、この日は天神様を祀る神社では「うそかえ神事」というのが行われます。
この「うそ」というのは実在する鳥の名前。
漢字で書きますと「鷽」という字になり、この字は学の旧字体「學」に似ているという事で天神様のお使いとされていますまた「うそ」は「嘘」にも通じるという事から去年の災難や凶事を「すべては嘘であった」という事にして、新年を良き物にしようという洒落であります。
しかしながらこの行事は大変な賑わいを見せ、うそかえ神事では各家庭の神棚からおろした木彫りの鷽を持ち寄って「うそを変えましょ」と言いながら境内に集まった人々が鷽を変えるという行事です。

興味がある方は来年の初天神には大きな天満宮などに参拝されてはどうでしょうか。


トラックバック(0) 

初愛宕 [神仏の縁日]

毎月二十四日は各地の愛宕神社で縁日が開かれる日です。
中でも正月二十四日の今日は初愛宕と呼ばれ、旧暦の六月二十四日とともに、関東・近畿地方で重んじられています。
愛宕の神はその名前を「火産皇神(ほむすびのかみ)」と言い、火伏せの神として知られています。
その総社は、京都の愛宕山の愛宕神社とし、関東では東京芝の愛宕神社が知られています。火を司る神様という事で「火乃要鎮(ひのようじん)」のお札が授与されます。

P1070136.JPG

 

火産皇神は、亀ヶ池八幡宮においても相殿神としてお祀りされております。
やはり同じくして火伏せ(防火・鎮火)の御神徳がございます。
それ故、各工場・企業さまからお申し込みされ、ご奉仕いたします鞴祭(ボイラー祭)ではこの火産皇神様をヒモロギにお招きし、祭祀を行います。
その御神徳をお宿しした「火産皇神剣札」を頒布・授与をしておりますので、ご希望の方は社務所までお申し付け下さい。


トラックバック(0) 
前の10件 | - 神仏の縁日 ブログトップ

言の葉日記

年間を通してのお祭り事やお宮での日々の一コマなどを掲載していきます。