So-net無料ブログ作成

節分祭斎行 [日々のお祭ごと]

本日は2月3日の節分祭の日でございます。昨日の昼頃まで降ったりやんだりしていた雪も溶け、無事に斎行されました。

今回も氏子総代・世話人・崇敬者各位をはじめ、大勢の年男・年女の方が儀式殿にて節分厄除け祈願祭を受けました。そのあとに神楽殿にて、福豆まきを執り行ないました。

1-P1510846.JPG

節分・豆まきというのは「追儺(ついな)」が元でありました。平安初期、大晦日になると宮中にて鬼や災いを追い払うために行われました。
当時は豆ではなく、桃の弓・葦の矢、そして刀や槍・矛やデンデン太鼓等の鳴り物を使って邪鬼を払っていましたが、庶民に普及していくと「豆」を使うようになりました。「まめ」は「魔滅(まめ)」と読めることから魔を滅ぼす力があると解釈され、節分に豆を撒く風習ができた、といわれています。

2-P1510879.JPG
3-P1510925.JPG

当八幡宮での「追儺」は御神殿で行い、その際、鬼が逃げ惑う姿が見られます。

神楽殿での福豆まきの様子をご紹介いたします。

 4-P1510933.JPG 5-P1510934.JPG 6-P1510937.JPG 7-P1510957.JPG 8-P1510960.JPG 
福豆を撒く福男福女

撒かれた福豆には引換券がついており、素敵な福物(景品)と交換することができます。交換所には福物を授かろうと長蛇の列が。

1-P1520015.JPG 2-P1520019.JPG 
引換券付き福豆を手にし交換所に並ぶ皆様

どうか皆さんに福がめぐりますように。ご参拝ご苦労様でございました。


言の葉日記

年間を通してのお祭り事やお宮での日々の一コマなどを掲載していきます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。