So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

12月の戌の日 [日々のお祭ごと]


さて本日は12月の戌の日の安産祈願のお参りについてご案内致します。

P1270284.JPG

亀ヶ池八幡宮では安産の神様として神功皇后(じんぐうこうごう)をお祀りしております。神功皇后は身重の体で朝鮮遠征・新羅征伐を果たして日本に帰った後、無事に応神天皇(亀ヶ池八幡宮の主祭神)を出産されたという古事記・日本書紀に見られる神話に基づいた御神徳で安産のご利益があります。

戌の日に安産祈願のお参りをするのは、犬は安産多産でありそれにあやかろうというものです。妊娠5ヶ月目の戌の日に帯をつける、着帯祝いの人生儀礼があります。これも、神功皇后が帯を巻いたという神話に基づいたものです。

御祈祷をご希望の場合はお気軽にお電話などにてご連絡ください。安産祈願をお受けの方にはお札やお守りをはじめ巻物、岩田帯、安産祈願の絵馬といった授与品をお頒ちしております。

P1050263.JPG

12月の戌の日は6日火曜日、18日日曜日、30金曜日となっています。戌の日以外でも安産祈願を承っていますのでご都合よろしい日でご予約ください。

また、亀ヶ池八幡宮では安産祈願参拝記念として、マタニティーフォト撮影を承っております。神社にて安産祈願のお祓いを受けられます記念にマタニティーフォトをどうぞ。 

anzanphoto.jpg

どうぞ、母子共に健やかにご出産されますようお祈り申し上げます。

P1010429.JPG

張子の戌

右の写真は「張子の戌」です。
戌の日の説明にもありますように、犬は多産でありなおかつ安産でありますので、それにあやかったものであります。
また、戌は赤ちゃんや子供の魔除けであったり病気を追い払う動物とも考えられておりましたので、初宮参りの際にも、子供の魔除けや健やかなる成長を祈って贈る風習が関東地方にはございます。


トラックバック(0) 

師走朔日 [豆知識]

本日より12月・師走でございます。

師走の語源は諸説ありますが、師匠の僧がお経をあげる為に、東西を馳せる月と解釈する「師馳す(しはす)」から来たという説や、年が果てる意味の「年果つ(としはつ)」が変化した説等様々あります。

今年も残るところひと月となりました。

冬も本格的に到来する時期でもありますので、体調管理には重々気を付けたいですね。

早朝より亀ヶ池八幡宮御社殿にて、平成28年12月1日の月次祭を斎行し、亀ヶ池八幡大神様に皇室の益々の弥栄、氏子をはじめ日本国民の安寧をご祈念申し上げました。

社頭祈願.jpg

来年を気持ちよく迎えるために、残されたひと月を有意義に過ごせるようにしましょう。


トラックバック(0) 

相模原市氏子総代会管内神社視察 [氏子]

09-P1410403.JPG

本日は第三回となる、相模原市氏子総代会管内神社視察研修が実施され、当八幡宮宮司以下職員が参加いたしましたのでご紹介します。

01-P1410329.JPG

相模原市氏子総代会は旧相模原市内の神社に日頃よりご奉仕頂いてる総代・神職で組織しており、神道の発展と各神社間の交流を目的としています。

02-P1410332.JPG 03-P1410334.JPG 04-P1410356.JPG

今回は管内神社であります、相模原市南区下溝鎮座の下溝八幡宮を正式参拝を致しました。下溝八幡宮は当八幡宮の奉務神社であり、当八幡宮禰宜が斎主となり奉仕しました。その後総代長より地域の歴史・由緒・近年の御本殿の建替の記録等についてをお話いただきました。

05-P1410357.JPG 06-P1410366.JPG 07-P1410375.JPG

続いて宮司による挨拶の後、境内の各施設を見学しました。

08-P1410376.JPG

その後、それぞれ神社の総代同士の交流とともに、新たな教養を深めるべく、地元相模原市内の公共施設を見学するのが通例となっております。今回は 史跡田名向原遺跡旧石器時代学習館(旧石器ハテナ館)へと足を運び、国指定史跡である田名向原遺跡にまつわる貴重な話や旧石器時代について伺いながら見学いたしました。

10-P1410432.JPG

旧石器時代から、古墳時代までの様々な遺跡や出土品があり、また実際の古墳の中に入ることもできました。

11-P1410468.JPG

この度はお忙しい中ご参加いただきありがとうございました。この度の研修が成果として各神社ご発展と氏子地域ご繁栄へと繋がりますようご祈念申し上げます。


トラックバック(0) 

井戸祓い [日々のお祭ごと]

本日は出張祭典という事で、井戸払いのご奉仕がありましたのでご紹介致します。
 
 1-P1400015.JPG 2-P1400025.JPG

井戸は水を湛えており、水は我々の命や生活諸々において潤し、清めてくれます。そして、その水の恵みは水の神様・井戸の神様のお陰であるとして、古くから井戸を大切にしてきました。井戸を埋める事になった場合、今までの水の恵みに感謝し、丁寧に神事をされる事をお勧め致します。
井戸払いの神事では、まず埋め立てる井戸の前に祭段を組み、祝詞にて井戸と水の神様に理由あって埋め立てなければならない事と、これまでの感謝を申し上げます。
 
皆様本日はご参列お疲れ様で御座いました。
大神様のご加護のもと、工事作業が無事に完遂致しますようお祈り申し上げます。

トラックバック(0) 

工事安全祈願 [日々のお祭ごと]

 
これから12月上旬にかけて一年で最も日の入りの早い時期となります。
五時にもなりますとすっかり外は真っ暗となり、吹く風も一層寒く感じられます。
本格的な冬になりますと、インフルエンザも流行りのシーズンとなりますので、常日頃からの予防に十分ご注意ください。 
 
さて本日はご神前にて、企業様の工事安全祈願祭が御座いました。

1-P1400007.JPG
 
工事に着手するに当たり、作業が滞りなくまた事故等ないようにと祝詞にて奏上し、ご祈願申し上げました。 
大神様のご加護のもと、作業が無事完遂しますようお祈り申し上げます。 
本日はようこそのご参拝でした。
おめでとう御座います。

トラックバック(0) 

七五三詣り [日々のお祭ごと]


11月15日の七五三の日も過ぎ、お宮もだいぶ落ち着いてきましたが、本日もまた大勢の参拝者様にお参り頂き七五三シーズンも佳境となっております。 
お天気も比較的穏やかな一日となり、お参りに来られた皆様も境内にてお写真撮影等和やかに過ごされ、賑やかな笑い声が響いておりました。
本日はおめでたいご家族様の晴れやかな写真をご紹介致します。
 
01-P1410315.JPG 02-P1410316.JPG
 
03-P1410317.JPG 04-P1410318.JPG
 
05-P1410320.JPG 06-P1410321.JPG
 
07-P1410322.JPG 08-P1410323.JPG
 
09-P1410324.JPG 10-P1410325.JPG
 
11-P1410326.JPG
 

皆様本日はおめでとうございます。お子様が健やかに、人を思いやり神を敬うことの出来る立派な大人へ成長されますようお祈り致します。

ようこそのお詣りでした。


トラックバック(0) 

本日の正式参拝 [正式参拝]


さて本日は東京都葛飾区より、堀切氷川神社崇敬会(宮司・高橋晃祐様、会長・秋谷清一様)約30名様がお越しになられ、当八幡宮禰宜を斎主として正式参拝が斎行されました。
 
01-P1410226.JPG

02-P1410227.JPG 04-P1410236.JPG   
 
03-P1410232.JPG

ご到着された皆様はまず手水をされ、青空のもと境内をゆったりと巡られて御社殿へと進まれました。
 
05-P1410238.JPG 06-P1410243.JPG
 
07-P1410246.JPG 08-P1410252.JPG
 
09-P1410259.JPG
 
祭典は修祓にはじまり斎主一拝、祝詞奏上、豊栄の舞奉奏、金幣拝戴、玉串拝礼と進み、厳かに滞りなく斎行されました。
  
10-P1410269.JPG 11-P1410275.JPG
 
祭典の後には儀式殿へと会場を移し、宮司による挨拶の後賑やかに歓談が行われました。
 
13-P1410293.JPG 14-P1410310.JPG
 

またご出発の前には、神社境内や御神苑も散策されました。本日もお天気に恵まれ、境内をゆっくりと巡るに最適なお天気で御座いました。 

12-P1410285.JPG 
 

皆様本日はようこそのご参拝でございました。 大神様の御加護のもと、皆々様の益々のご健勝をお祈り申し上げます。 


トラックバック(0) 

深々と

初雪が降った昨日、屋根や木々に雪が積もり、境内は淡い雪景色となりました。
 
4-P1410190.JPG
 
3-P1410187.JPG 5-P1410196.JPG
 
7-P1410201.JPG
 
6-P1410198.JPG
 
2-P1410180.JPG 8-P1410205.JPG
 
11月の積雪は54年ぶりという事で、今年は早い冬の訪れとなりました。
とは言え、早いもので11月も下旬。間もなく12月へ突入致します。
時が過ぎるのは振り返ればあっという間ですね。
 
さて本日は、昨日の降雪から一転して日差し柔らかなお天気となりました。
お天気にも恵まれ、地元企業様の神棚入魂祭を斎行致しましたのでご紹介致します。
 
1-P1350985.JPG
 
今回ご奉仕致しました企業様は、以前より出張祭典を幾度とご奉仕しており、大変信仰心の篤い企業様で御座います。

祝詞にて神様がこのお社に穏やかにお鎮まり頂くよう奏上し、祀られた神棚の神様に、安全・商売繁盛を祈願致しました。

皆様本日は誠におめでとう御座います。 


トラックバック(0) 

招福暦 [メディア]

昨夜から降り始めました雨が深夜には雪へと変わり、とうとうここ相模原でも11月としては、54年ぶりに初雪が観測されました。雪が降る朝はシンと静かなものですね。皆様、足元に十分お気を付け下さいませ。 

さて平成29年亀ヶ池八幡宮オリジナル招福暦が出来上がりましたのでご紹介いたします。

1-20161123155700_00001.jpg
 

暦は、一年中の月日・祝日・行事・六曜等、日ごとに記したものであり、日本人は昔から暦を三百六十五日、日常の中に活用することにより豊かな生活を送っております。

平成29年亀ヶ池八幡宮オリジナル招福暦は増ページをしてボリュームアップしております。お手にとってご覧下さい。

当ブログでも度々、暦のお話しを取り上げております。改めて暦をご覧になり、日々の指針にしてはいかがでしょう。


トラックバック(0) 

新嘗祭 [祝祭日]


本日11月23日は、勤労を尊び生産を祝い、国民がお互いに感謝しあう「勤労感謝の日」であります。

またこの日は、全国の神社で「新嘗祭」が斎行されます。新嘗祭は古くから国家の重要な祭祀として重んじられ、農作物の恵みに感謝する日でもあります。

伊勢の神宮では「神嘗祭」と呼び特に重要視され、春に天皇陛下によってお田植えされた稲を天皇陛下御自ら刈り取られ、天照皇大御神様を初めとした八百萬の神様にお供えし、陛下も食されます。天皇陛下が神様と同じ新穀をお召し上がりになられるという事は、祖先と同じものを食べ、祖先の残してくれたものへの大切さを受け継いでいく事になります。

1-P1410146.JPG 2-P1410158.JPG
 
3-P1410165.JPG
  

当八幡宮でも早旦より禰宜以下神職にて新嘗祭を斎行し、新穀に感謝の祈りを捧げました。

さて、明日は今日より更に気温がぐっと下がり、広い範囲で雪が降る予報が出ております。都心では11月に雪が降るのは五十数年ぶりの事で、異例の寒さとなりそうです。防寒は勿論ですが、通勤等で車両をご使用の方は路面凍結に十分お気を付け下さい。 


トラックバック(0) 
前の10件 | -

言の葉日記

年間を通してのお祭り事やお宮での日々の一コマなどを掲載していきます。

メッセージを送る