So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

すこやかパックのご案内 [人生儀礼]


本日は七五三すこやかパック衣装試着会についてご紹介致します。
本日も亀ヶ池八幡宮写真室にて試着会が開催され、雨の中にも関わらず衣装の見学にお客様が訪れました。 

P1120062.JPG

衣装試着会会場には三歳五歳七歳と色とりどりの衣装が次々に並べられております。

こちらの衣装は七五三すこやかパックにてレンタルされるものをお選びいただくため、展示しております。今後の試着会開催日は9月25日と、10月は1、2、8、9、10日です。衣装のレンタル・着付け・ヘアセット・メイク・記念写真撮影がセットになったお得なプランのすこやかパックにご興味ある方は専門のスタッフが対応させて頂きますので、どうぞお子様とご一緒に、お近くの七五三参りをお考えの方とお誘い合わせの上、お越し下さい。

P1120068.JPG


トラックバック(0) 

紅白の彼岸花

今日も一日雨模様となりました。
東京都では五日間連続気温が25℃未満となり、一足先に10月並みの気温となりました。
ここ相模原も朝晩と肌寒い日が続いております。
季節の変わり目は急なお天気や気温の変化にお気を付け下さい。

さて、昨日は秋分の日でしたが、亀ヶ池八幡宮境内では彼岸花(ひがんばな)が見事に咲いております。
 
1-P1390610.JPG 2-P1390611.JPG
 
こちらは白い彼岸花です。非常にデリケートな品種ですが、今年は満開の花が咲きました。
白い彼岸花には「また会う日を楽しみに」という花言葉があります。 
  
4-P1390613.JPG 3-P1390612.JPG
 
また、こちらは紅い彼岸花です。曼珠沙華(まんじゅしゃげ)やリコリスという名でも親しまれてます。
花言葉に「情熱」という言葉があるように、花の形や色が炎を連想する独特な姿をしてます。
数々の迷信が伝えらえている彼岸花ですが、彼岸花が咲きますとお彼岸を連想し、故人に想いを馳せる方もおられることでしょう。 
 

お彼岸というのはもともとは仏教用語で「死者が迷いの世界から安楽の世界へ至る事が出来る」と考えられました。そこで、人々は春分・秋分の日の前後3日間を先祖の霊が安楽の世界へ至る事ができるようにと供養する期間としたのです。

神道・仏教に関わらず、御霊舎・御仏壇を綺麗に掃除し、いろいろなお供え物をして、家族みんなでご先祖様を偲びたいものですね。


トラックバック(0) 

七五三詣り紹介記事掲載情報 [メディア]

 
本日は「秋分の日」です。
秋のお彼岸の中日に当たるこの日は、祖先を敬い亡くなった人を偲ぶ日として「国民の祝日」とされています。
本日のお天気は秋雨前線の影響から、どんよりと雨雲が空を覆い一日雨の降り続くお天気となりました。
雨の影響もあるのでしょうが、数日前の残暑から一転して肌寒さを感じるようになりました。
気づけば季節が秋へと移り変わった証なのでしょうね。 
 
さて本日は、地元情報誌・タウンニュースにて、七五三詣りの紹介記事を掲載頂きましたのでご紹介致します。
1-20160922161534_00001.jpg
七五三はお子様の成長を寿ぐ人生の節目に行う重要なお祝いの行事です。
 
亀ヶ池八幡宮では、七五三のお祝いのご祈祷とともに、貸衣装・お着付け・記念撮影などすべて整えることが可能な「すこやかパック」をご案内しております。
七五三のご予約は毎日承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。 
 
 

昨日の記事にて紹介しました例大祭の様子や、こちら七五三の記事が掲載されるのは、本日9月22日の記事となります。既に皆様のお手元に届いているかと思います。

お時間がございましたら、是非ご覧下さいませ。


トラックバック(0) 

例大祭の様子掲載情報 [メディア]

心なしか肌寒くなる一日となりました。

さて本日は、このブログで連日採り上げてご紹介した亀ヶ池八幡宮例大祭の様子ですが、この度、地元タウン情報誌のタウンニュースにも記事として採り上げられ、例大祭の様子が掲載されますのでご紹介します。

1-20160921165608_00001.jpg

上のような鮮やかな写真とともに掲載頂く予定です。

例大祭の様子が掲載されるのは、9月22日の記事です。お手元に届いた際はぜひご一読下さいませ。


トラックバック(0) 

亀ヶ池八幡宮例祭其の参 [例大祭]


本日は、例大祭祭典後に行われました神賑行事についてご紹介致します。
 
午前中は雨に見舞われ、例年奉納頂いている剣友会の剣道は、今年は小学校の体育館にて行われました。
来年こそは青空の下、境内にてご奉納頂けるよう好天をお祈り致します。 

さて、神賑行事が始まる頃には雨も上がり、また境内では露店が軒を連ねて、境内は多くの参拝者で賑やかとなりました。
 
01-P1350258.JPG 04-P1350268.JPG
 
神賑行事ではお囃子や番田の亀山社中によります神代神楽や氏子有志演芸奉納大会、プロ歌手の歌演奏が披露され、お祭りを晴れやかに彩りました。
 
16-P1390351.JPG 15-P1390336.JPG
 
亀山社中による神代神楽。 
 
17-P1390356.JPG 12-P1390301.JPG14-P1390325.JPG 1-P1350306.JPG
 
丸崎お祭り保存会の皆様によるお囃子のご披露。
 
 
12-P1350313.JPG 13-P1350316.JPG
 
14-P1350320.JPG 16-P1350336.JPG
 
氏子有志の皆様にも舞台を盛り上げて頂きました。
 
19-P1390384.JPG 18-P1390377.JPG
 
17-P1350342.JPG 18-P1350344.JPG
 
プロ歌手による歌謡ショー。

09-P1350293.JPG 10-P1350298.JPG 
 
そして、亀ヶ池八幡宮社中より「浦安の舞」を奉奏致しました。
 
大勢の方にお越し頂き、神賑行事も無事に執り収める事が出来ました。 
氏子がこうしてお祭を盛り上げ楽しむことにより、神様もその様子を見て満足し、氏子地域の更なる発展にお力を貸してくださるのです。
  
07-P1350289.JPG 08-P1350291.JPG 
亀ヶ池八幡宮宮司、祭典実行委員長である清水亨総代長によるご挨拶。 
 
例祭ご奉仕の総代世話人、亀山社中・演芸奉納の皆様、そしてご参拝下さった皆々様、誠に有難う御座いました。 
 
06-P1350280.JPG 

トラックバック(0) 

亀ヶ池八幡宮例大祭其の弐 [例大祭]


本日も昨日に引き続いて例大祭の様子を紹介致します。

 01-_KMG0013.jpg
 
まずは、先日無事に完成致しました記念碑の除幕式の様子です。
 
05-_KMG0050.jpg 04-_KMG0037.jpg
 
07-_KMG0064.jpg
 
こちらの記念碑は、亀ヶ池八幡宮御鎮座八百年記念事業を顕彰し建造したものです。
例大祭式典前に除幕式を斎行し、皆様の前に晴れてお披露目となりました。
 
08-_KMG0112.jpg
  
続いて例大祭式典の様子です。
まずは宮司以下祭員・献幣使の参進、そして境内の祓所で修祓の儀を行ないます。
 
03-P1390195.JPG 09-_KMG0117.jpg
 
11-_KMG0122.jpg
 
亀ヶ池八幡宮の例大祭では、神奈川県神社庁より献幣使参向のもと式が斎行されます。
献幣使とは神社本庁よりのお供え物を献ずるという役割のことです。 

昨日は生憎のお天気となりましたが、御社殿にて氏子崇敬者を始め、地元議員、地域の自治会長、神社関係者の方々など実に多くの皆様のご参列のもと神事は進められました。

16-_KMG0145.jpg
 
19-_KMG0186.jpg 17-_KMG0175.jpg
 
20-_KMG0188.jpg
  
22-_KMG0195.jpg 23-_KMG0202.jpg
 
24-_KMG0216.jpg
 
続いて直会(なおらい)の様子です。
 
1-P1390247.JPG 10-P1390249.JPG
 
25-_KMG0229.jpg 26-_KMG0234.jpg
 
27-_KMG0235.jpg

直会とは例祭のような厳粛に斎行されるお祭のあとの緊張をほぐし、参列の皆様方と神様と食をともにする意義があります。例大祭では参集殿の大広間を直会会場として行いました。

この直会では、国歌斉唱、敬神生活の綱領唱和、宮司や総代長、ご来賓の方々のご挨拶、そして長年世話人としてご奉仕いただいた方の表彰や参列の皆様でのご歓談といった具合で進行します。 

今年もまた賑々しい雰囲気の中での直会となり、皆様の表情も曇り空に負けず晴れやかで御座いました。

明日は神楽殿にて行われました神賑行事の様子をお届け致します。


トラックバック(0) 

亀ヶ池八幡宮例大祭其の壱 [例大祭]

 
01-P1390184.JPG
 

本日は平成二十八年亀ヶ池八幡宮例祭が厳粛のうちに斎行されました。

03-P1390195.JPG

例祭とはそのお宮で最も重要な祭儀であり、年に一度必ず行われるお祭でございます。本日は秋雨前線の影響から雨がポツリポツリと降り、祭典の際には本日一番の雨降りとなりましたが、祭典は滞ることなく無事に斎行する事が出来ました。  

02-P1390194.JPG
 
本日は総代世話人の皆様にもご助力を頂きました。
誠に有難う御座います。
 

例大祭の模様は明日明後日とご紹介させて頂きますので、どうぞお楽しみお待ちください。 

1-P1390236.JPG 1-P1390256.JPG
 
17-P1390356.JPG
 

トラックバック(0) 

例大祭前日 [例大祭]


いよいよ例大祭前日となりました。
例大祭はお宮で最も重要な祭儀であり、当日は神奈川県神社庁より献幣使が参向し、 厳粛な雰囲気の中で祭典が斎行されます。
2-P1390147.JPG
 
連日進めてきました例大祭に向けての諸準備も、本日が仕上げとなります。 

1-P1390146.JPG 3-P1390158.JPG
 
年に一度の大祭を目前に控え、我々八幡宮職員一同も気を引き締め明日本番を迎えたく思います。
 
5-P1390180.JPG
明日の演芸プログラムです。
 
明日の祭典は午前10時より斎行されます。
祭典の後は境内にて様々な催しが披露されます。 

皆様是非お越し下さい。

トラックバック(0) 

神社参拝作法 [豆知識]

 
例大祭が明後日に迫りました。  
 
そこで本日は神社の参拝作法についてお話します。
正しい作法を身に付けて、皆様どうぞお参りください。 
 

神社にお参りをする際の正式な参拝作法は「二礼 二拍手 一礼」です。

 

拝礼の作法-03.jpg
拝礼の作法-03.jpg
まず、二回お辞儀をいたします

拝礼の作法-02.jpg
次に、手を合わせて、二度手を叩きます

拝礼の作法-03.jpg
次にもう一度お辞儀をいたします

以上が正式な神社参拝でございます。
この作法は、御祈祷をお受けになられたり地鎮祭などに参列されたときに行う「玉串奉奠」でも同様の作法でお参り戴きますので、覚えておかれると宜しいでしょう。

※中には古い言い伝えにより別の作法を用いる神社もあります。

皆様のご参拝、心よりお待ち申し上げます。


トラックバック(0) 

創立記念祭 [日々のお祭ごと]


本日亀ヶ池八幡宮御社殿では早朝より、平成28年9月15日の月次祭を斎行し、亀ヶ池八幡大神様に皇室の益々の弥栄、氏子をはじめ日本国民の安寧をご祈念申し上げました。

2-P1340496.JPG
 
1-P1340491.JPG 3-P1340499.JPG
 
月次祭というのは、一月の最初と半ばに行なわれるお祭でございます。 月の始めと月の半ばを迎えた事を大神様にご報告申し上げますと共に、一日には一ヶ月の息災を、そして十五日には残り半月の息災を祈念致します。 本日の月次祭でも亀ヶ池八幡大神様のご加護のもと、皇室の益々の弥栄、そして氏子をはじめ日本国民の安寧をご祈念申し上げました。

さて本日は地元企業様の創立記念祭をご奉仕させて頂きました。
 
1-P1350203.JPG 1-P1350204.JPG

こちらの企業様では毎年、社地内に鎮座されている稲荷社にて祭典が行われます。
お稲荷様に日頃の感謝の気持ちを奉告し、祭典は滞りなく斎行されました。 
本日は誠におめでとうございます。
企業様の益々のご発展を祈念申し上げます。  

トラックバック(0) 
前の10件 | -

言の葉日記

年間を通してのお祭り事やお宮での日々の一コマなどを掲載していきます。

メッセージを送る